物撮り用にダイソーの撮影ボックスを買ったのだが

買った
記事内に広告があります。

ブログに載せる写真を、もう少しキレイに取りたいなーと思いまして。

普段はリビングにあるサイドテーブルで撮影したり、PCデスクで撮影したりとまちまちなんですが、正直写真にあんまり納得してないんですよ。

ブログ用の写真なんて自己満足レベルなのは承知の上でもう少し凝った撮影をしたいなーと思ったので、ダイソーで撮影ボックスを買ってきました。

ラスイチでした。

裏面はこんなん。

ダイソーで買うかスリコで類似品を買うか悩んだんですが、ほとんど同じような品物でスリコは値段が倍だったのでダイソーにしました。

ダイソーの撮影ボックスの中身はこんなん

つー訳で中身がこちら。

左から

  • 背景シート(黒)
  • 背景シート(白)
  • 照明用USBケーブル(TYPE C)
  • 撮影ボックス本体

です。

後ろにキーボードとかが映り込んでますが気にしないでください。

組み立ててみた

で、早速組み立てました。

約20cm四方って感じのサイズ感です。USBケーブルが繋がっているところがLED照明。結構明るい。

組み立て方については、箱の裏面に書いてあるし割愛。こんなもん何も見ずに組めます。

早速DAISOの撮影ボックスで写真をとってみた

せっかく組み立てんですし撮影しましょうね〜ってことで、自室を見回していい感じに撮影できそうな被写体を探してきました。で、撮りました。

幅5cm高さ3cmくらいのぬいぐるみ

スライムのぬいぐるみです。

ぬいぐるみを正面から撮影しようとすると、背景シートの切れ目が気になりますね。

幅3cm高さ6cmくらいのフィギュア

にゃんぼーです。かわいい。

結構接写で撮ってみたつもりなんですが、やっぱ背景シートの切れ目が気になります。

フィギュアを真上から寝かせて撮ったら良いのかもしれない。

ガンプラ(HGUC)

次はギャンです。

スライム、にゃんぼーよりでかいので物理的に背景シートの切れ目を隠せると踏んだのですが、確かに背景シートの切れ目は隠せましたがもっと問題のある部分があらわになりました。

ガンプラの撮影には向きませんね。

幅3cm、高さ2cmくらいのフィギュア

最後はこれ。

ドラキーです。かわいい。

このくらいのサイズであれば、うまく角度なんかを調整すればいい感じに撮影できそうです。

筆者の撮影技術がカスなので微妙なクオリティですが、もう少し工夫したら使い道はありそうですね。

総括

ダイソーの撮影ボックスを使用して感じたことを総括します。

  • 組み立ては楽勝。照明が思ったより明るい。
  • 小さいサイズのフィギュアや腕時計、アクセサリなどを撮影するには良さそう
  • ガンプラなどの高さがあるものを撮影するには不向きっぽい
  • 安いし、持っていれば何かと使い出はありそう。

ってところです。

今後はこの撮影ボックスを使用した物撮り画像が増えるかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました